介護資格を有していなくても介護現場で働くことはできます。最も取得しやすいのは介護職員初任者研修の資格です。

介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります
介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります

介護資格について〜介護職員初任者研修

介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります
介護の仕事は、高齢者の方が増える一方の日本においては、今後、ますますその需要の増加が見込まれています。また高齢者の方以外にも、介護を必要とされている方はたくさんおられますから、そうした方の支援、介護を行う介護の仕事は、社会的にも非常に必要度の高い仕事だと言えます。介護資格にはいくつか種類がありますが、しかし、実際の介護現場においては、絶対的にその資格を有していなければならないと言うことはありません。人手不足ゆえに、介護資格を持っていない人でも大歓迎ですと言うところがほとんどです。しかし、介護資格を持っていることで採用面や待遇面で優遇されることは非常に多いですし、資格を持っていることで、より理論に即した、正しい介護を実践することができます。それは、介護を受ける人にとっては勿論のこと、介護を行う自分自身にとっても非常に大切な事です。

介護の現場で活躍できる介護資格の中でも、最も取得しやすいとされているのが、介護職員初任者研修と呼ばれるものです。これは、昔のホームヘルパーの資格と同じものです。ホームヘルパーには、1級、2級などと、その学習度合いによって階級がわかれていましたが、初任者研修にはそうした階級はありません。これは、民間の教育会社や、地方自治体、また実際の高齢者施設などで、その研修が定期的に開催されています。全130時間の研修を受講し、なおかつ、修了テストで、自治体が設定した点数をクリアして合格をすれば、研修終了となりこの資格を取得することができます。他の介護資格、たとえば介護福祉士や社会福祉士が、国家資格でありその取得に際して様々な条件があるのに対し、初任者研修の受講に際しての条件はほとんどありません。ですから、介護の世界に興味がある学生さんから、実際に無資格で現場で働いておられる方まで、誰でも、自分に合った方法で研修を受けることができます。

介護職員初任者研修は、現在では、介護資格の入り口とも言われています。それは、この資格を取得することによって、介護福祉士の資格を、そして介護福祉士の資格を取得することでケアマネージャーの資格を取得するというキャリアアップを目指すことも可能なためです。ただし、こうした介護資格に関しての制度は、数年ごとに見直しがされているため、これは絶対的ではありません。しかし、先にも述べたとおり、人手の不足が続いている介護の現場において、介護職員初任者研修を所持していること自体の価値が下がると言うことは、絶対に起こりえないのは確かです。ですから、介護の世界に少しでも触れてみたい、あるいは現場でキャリアアップを目指してみたいと言う方には、ぴったりの資格だと言えます。

注目のキーワード

Copyright 2017 介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります All Rights Reserved.