介護福祉士は介護資格の国家資格です。受験するには実務経験3年以上積むか専門の養成学校を卒業する必要があります。

介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります
介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります

介護資格の花形介護福祉士になるには

介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります
体が不自由な高齢者や体や精神に障害がある人たちを、専門知識を活かして支えているのが介護福祉士という人達です。介護福祉士は介護資格のひとつで、厚生労働省指定の国家資格になり、介護業界の花形的資格です。介護福祉士は福祉や介護の高度な知識やスキル、経験を持っている人で、介護や福祉の現場では欠かせない存在です。介護福祉士の活躍できる仕事場には、有料老人ホーム、特養老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、児童福祉施設、障害者施設などです。

介護福祉士の国家資格を受験するには3つのルートがあります。まず、介護や福祉施設で実務経験を3年以上積むことで受験できる「実務経験ルート」があります。専門の学校を卒業していなくても、実務経験がある人なら受験できるルートです。ただし、「実務者研修」を受講する必要があります。また、実務経験がなくても、福祉系の高校で専門的な教育を受けていれば受験できる「福祉系高校ルート」もあります。福祉系の高校を卒業して試験に合格すれば介護福祉士になれる最短ルートです。「養成施設ルート」は、介護福祉士養成施設、福祉系大学などで介護や福祉の専門知識を学んだ人が受験できるルートです。

注目のキーワード

Copyright 2017 介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります All Rights Reserved.