介護資格取得のためには研修ステップがあります。各種実務を経験しながら資格を手に入れましょう。

介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります
介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります

介護資格取得のためには

介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります
介護資格にはいろいろな種類・ステップがあります。介護福祉士は国家資格であり社会的地位も高く介護関係の職業の中では上級資格です。取得難易度はやや高いでしょう。介護福祉士養成施設を卒業する方法と、介護福祉士国家試験にパスする方法があります。国家試験を受けるためには、実務者研修修了と実務経験が必須なため、実務経験者コースと呼ばれることもあります。実務者研修は、キャリア経験として介護職員初任者研修の後に受講することができる実務者向け研修です。ここでは実践的な技能が身に付きます。介護福祉士の受験資格にはこの実務者研修修了が条件であるため、国家資格を取得するのには必ず修了しなければならない研修課程です。

介護職員初任者研修は介護関係の職業の入門研修課程です。老人ホームなど介護施設や、訪問介護を実施する事業所などに勤務するケースが多いです。まずヘルパー、介護職、訪問介護という最も現場に密接した業務を行うことになります。ケアマネジャー(介護支援専門員)はケアマネと略称で呼ばれることもあり、その仕事は介護サービスを利用できるようにするのに必要なケアプランの作成や、介護保険施設と介護ニーズ者との間の連絡・調整を行います。

注目のキーワード

Copyright 2017 介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります All Rights Reserved.