公表データを用い、個人的な視点から、これから先の将来における介護資格の重要性についてお話ししていきます。

介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります
介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります

この先の社会における介護資格の重要性

介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります
ここでは、公表データを使用した上で、個人的な視点から、介護資格がこれから先の日本社会にいかに重要であるかお話ししていきたいと思います。まず、介護資格の種類について、簡単にお話ししていきます。介護職員初任者研修というものがありますが、これは初歩的な資格という側面を持っています。この資格は、一般的にはホームヘルパー2級と呼ばれます。その上に、実務者研修というものがありますが、これは一般的には、ホームヘルパー1級と呼ばれています。その上にあるのが、介護福祉士です。これは、国家資格であり、試験を受けるには実務経験が3年以上なければなりません。介護業界のプロフェッショナルといっても過言ではありません。そして、その介護福祉士の上にある資格が、ケアマネージャーです。通称、ケアマネです。これは、実務経験が五年以上必要で、合格率も低い、難関資格です。

ここからは、介護資格の重要性についてお話ししていきます。近年、上記に書いたよう介護資格に注目が集まっています。これらの資格は、新設資格ではないので、新しいからではありません。それらの必要性があるからです。いわば、需要があるのです。この背景には、日本の高齢化社会が大きく関係しています。これからの将来、日本では65歳以上の高齢者が増えていきます。2020年までには、人口の30パーセントが高齢者になるそうです。そこで、求められるのが、高齢者をサポートする仕事です。介護資格は、これからの日本にとって、非常に重要です。

注目のキーワード

Copyright 2017 介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります All Rights Reserved.