介護資格のなかでも、ヘルパーと介護福祉士では同じ仕事内容でも介護福祉士の方が賃金等に有利な現場が多いようです。

介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります
介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります

介護資格を取得するなら介護福祉士を取ろう

介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります
介護の現場で働くに当たって、必ずなければならないというわけではありませんが、介護資格を持っている方が就職には有利と言えます。一口に介護資格といっても、様々な種類があり、自宅で勉強し数日の研修を受けるだけで得られる資格から、学校に通いながら勉強して得られる資格もあります。

まず馴染みがあるものとして、ヘルパーの資格があります。ヘルパーは級によって難易度が異なりますが、介護の現場で働くならば、ヘルパーの資格を取得しておいた方が就職だけではなく、介護の基礎知識を学べるので良いと思います。

最近では、介護福祉士の資格を持っていると更に好条件の現場に行けるようですが、仕事の内容としてはヘルパーも介護福祉士も同じようです。ただ、現場でリーダーになったり職位を上げるためには、介護福祉士の資格が必要と言えるでしょう。そして、ヘルパーと介護福祉士では賃金に差が出ている職場が多いようです。介護福祉士優遇といった求人を見かけたこともあります。ヘルパーで通用しないわけではないけれど、同じ仕事をするなら賃金が高い方がモチベーションも上がりますよね。資格を取るのに年齢制限はないので、チャレンジしてみる気持ちも自己研鑽になるので良いことだと思います。

注目のキーワード

Copyright 2017 介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります All Rights Reserved.