ヘルパーの介護資格である介護職員初任者研修は初心者向けの資格です。常勤や非常勤ヘルパーとして勤務できます。

介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります
介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります

初心者向けの介護資格

介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります
介護資格を持ってれば、介護や福祉施設や病院に正社員や契約社員として勤務したり、登録ヘルパーとして自分の空いた時間に介護を必要としている障がい者や高齢者の自宅に出向いて働いたりと、様々な仕事のしかたが選べます。介護資格の中では、ホームヘルパーが一番初心者でも手に入れやすい資格になります。もともとは高齢者や障がい者がいる家庭に出向いて、身体介護や生活の世話をするのがホームヘルパーという位置づけでしたが、いまは特老や有料老人ホーム、グループホームなどで常勤勤務やパートタイム勤務している介護職員でもホームヘルパーと言う傾向があります。

そのホームヘルパーの資格として比較的誕生した間もないのが「介護職員初任者研修」です。ホームヘルパー2級に代わってできた資格で、これを持っていることで介護業務に携わる仕事ができ、登録ヘルパーとして登録することもできます。介護職員初任者研修は1ヶ月から4カ月ほどの研修期間を経て、研修最終日に修了試験を受け、試験に合格すると研修を修了したという証明書がもらえます。介護系のカレッジやスクールなどで生徒を募集していて、自宅学習とスクーリングで研修修了を目指すこともできます。

注目のキーワード

Copyright 2017 介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります All Rights Reserved.