高齢化社会でニーズが高まっている介護職に就くには、介護資格を取得しておくと有利になるでしょう。

介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります
介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります

高齢化社会でニーズが高まる介護資格

介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります
今後の我が国の高齢化はますます進行しますから、介護職へのニーズはますます高まるでしょう。介護職は無資格でも就くことは可能ですが、できることには制限があります。介護資格を取得しておけば実力の証明になるので仕事の幅が広がりますし、就職・転職にも有利になりますから、その道を目指すなら取得しておいた方が無難でしょう。

介護資格というとホームヘルパーを思い浮かべる方もいると思いますが、現在はホームヘルパーという資格は廃止され、ホームヘルパー1級と介護職員基礎研修が「実務者研修」に一本化され、ホームヘルパー2級は「介護職員初任者研修」になりました。ホームヘルパー2級は一定時間の受講を終了すれば誰でも取得できましたが、介護職員初任者研修は受講後に修了試験に合格する必要があり、質の高い介護を要求する声が反映されたものとなっています。ステップアップを目指すなら、介護職員初任者研究→実務者研修→介護福祉士というようにキャリアを重ねていくとよいでしょう。

お年寄りとコミュニケーションを取るのが楽しい、人の役に立つことに喜びを感じる、体力に自信がある人は介護職に向いています。資格以上にやる気や気づかいも求められる仕事ですので、もしそういったことが苦手であるなら、介護業界への就職や転職についてはよく考えた方がいいでしょう。

注目のキーワード

Copyright 2017 介護資格を取得すると仕事がすぐに見つかります All Rights Reserved.